文化政策グループ  「文化芸術による社会包摂の在り方」

現在、九州大学ソーシャルアートラボでは、文化庁との共同研究により、「文化芸術による社会包摂の在り方」に関する研究を進めています。

本研究の目的は、社会包摂に資する文化芸術活動を政策的に支援するために必要な知見を収集し、体系化することです。

具体的な目標としては、(1)文化芸術による社会包摂の方法や役割を分類整理し、(2)こうした活動を戦略的に支援するのに必要な評価基準を検討すること、さらには(3)活動を支える環境づくりに関する国内外の先進的な政策を調査することを挙げています。

 

*本研究は、文化庁と大学・研究機関等との共同研究事業として実施しています。

 

 

■スケジュール

 

2018年2月 研究会開催(非公開)
2018年3月6日 キックオフ・フォーラム「アートと社会包摂」開催
2018年3月 翌年度に向けた打ち合わせ

 

2018年4月〜6月 政策調査
2018年7月〜3月 ニーズ調査(約20人へのインタビュー)

2018年9月〜3月 調査の集計・分析

 

九州大学大学院芸術工学研究院 ソーシャルアートラボ事務局

815-8540 福岡市南区塩原4-9-1

092-553-4552

Copyright (C) 2017 Social Art Lab. All Rights Reserved.