九州大学ソーシャルアートラボ シリーズ「アートと社会包摂」 公開研究会

公開ディスカッション

「アート活動を通した共生社会の創造」今年度のプロジェクトを通して考える

project|教材開発

 

 

 九州大学ソーシャルアートラボでは、「アートと社会包摂」をテーマにアートマネジメント人材育成事業を3カ年計画で行なっています。1年目にあたる今年度は、3つの実践講座・公開講座・教材開発を行いました。

 ソーシャルアートラボの教員・スタッフに加え各講座で協働した団体のみなさんが集い、今年度のプロジェクトを振り返るとともに、次年度以降の事業にむけた要点整理を行います。

 アート活動を通した共生社会の創造に必要なアートマネジメントの視点とは何か?今後考えていくべき課題は何か?来場者のみなさまと一緒に考え、語る場をひらきます。

 

 

 

【日時】

2019年2月10日(日)13:30-16:30(開場 13:00)

 

■公開研究会スケジュール

 13:30 開会

 13:35 今年度実施した事業の報告

 15:15 協働した団体とのラウンドテーブル

 16:15 来場者を交えた意見交換

 16:30 閉会

 *当日変更の可能性有り


【会場】

九州大学大橋キャンパス デザインコモン2階

福岡市南区塩原4-9-1

 

【お申し込み等】

参加費:無料 (要事前申し込み)

定員:30名(先着順)

応募締切:2019年2月8日(金)

下記の項目を記載のうえ、電話・メール・FAXのいずれかよりお申し込みください。

またソーシャルアートラボ公式ホームページ内「CONTACT」からもお申し込みいただけます。

《記載事項》① 氏名 ② フリガナ ③ メールアドレス ④電話番号 ⑤所属(任意)⑥ 受講の動機

 

■アクセシビリティについて

・会話を文字化するアプリ「UDトーク」を活用したリアルタイム字幕を提供いたします。

・会場ではエレベーターがご利用できます。

・その他、当日の配慮についてご要望等がありましたら、可能な範囲で対応いたしますので、電話もしくは申込フォームの「自由記述欄」にお書き下さい。

 

【お問い合わせ】

九州大学ソーシャルアートラボ

TEL&FAX: 092-553-4552

E-mail: sal-cul@design.kyushu-u.ac.jp

Facebook:「ソーシャルアートラボ」で検索

 

【登壇者】

■ソーシャルアートラボ(SAL)

尾本章(本学教授)、朝廣和夫(本学准教授)、知足美加子(本学准教授)、中村美亜(本学准教授)、長津結一郎(本学助教)

村谷つかさ(SAL 学術研究員)、宮本聡(SAL テクニカルスタッフ)、白水祐樹(SALテクニカルスタッフ)

 

■今年度の事業で協働した団体

NPO法人ドネルモ、共星の里、特例認定NPO法人 山村塾、認定NPO法人 ニコちゃんの会

 

 

 

【クレジット】

主催:九州大学大学院芸術工学研究院ソーシャルアートラボ

共催:公益財団法人 福岡市文化芸術振興財団

助成:平成30年度 文化庁大学における文化芸術推進事業

後援:日本アートマネジメント学会九州部会

協力:共星の里、特例認定NPO法人 山村塾、NPO法人ドネルモ、認定NPO法人 ニコちゃんの会

 

 

九州大学大学院芸術工学研究院 ソーシャルアートラボ事務局

815-8540 福岡市南区塩原4-9-1

092-553-4552

Copyright (C) 2017 Social Art Lab. All Rights Reserved.