research|音楽ワークショップ「即興演奏と具体作曲」

音楽ワークショップ「即興演奏と具体作曲」

2018年3月9日(金)にアルゼンチン出身のミュージシャン、アンラ・コーティスさんによる音楽ワークショップ「即興演奏と具体作曲」が開催されます。

アフタートークにてソーシャルアートラボの中村美亜、長津結一郎が登壇いたします。ぜひご参加ください。

 

■概要

世界で活躍するアルゼンチン出身のミュージシャン、Anla Courtis(アンラ・コーティス)さんを招いて、音楽を表現するための新しい方法を共に探っていきます。ワークショップ内では、即興演奏を軸に、音楽の実験的な側面からユニークなアプローチを試みます。また、音のほかにも、視覚表現やダンス、詩など、多様な表現を取り入れたスコアを生み出していきます。

 

■日程

2018年3月9日(金) 13:00~17:00(定員30名)

■場所

九州大学大橋キャンパス 録音スタジオ

■ワークショップ講師

Anla Courtis(アンラ・コーティス)

 

※音楽経験は一切問いません。楽器を持ち込んでいただくことも可能です。

楽器の演奏に際して別途機材が必要な方はご相談ください。

 

■申し込み方法

Facebookのイベントページにて「参加予定」にチェックを入れてください。

 

⑵ Eメールでも受け付けております。

件名:3月9日音楽ワークショップ参加申し込み

①お名前 ②メールアドレス ③ご所属 ④楽器持ち込みの有無

をご記載の上

social.art.lab@gmail.com

までご連絡ください。

■参加費

無料

■お問い合わせ

城 研究室 jo@design.kyushu-u.ac.jp

 

●以下のキーワードにピンとくる方、積極的なご参加をお待ちしております。

即興演奏/音と音楽の関係/音の創造的な聴き方/様々なものや道具の音響的な可能性/エクササイズを通じたリズムの概念/声の可能性の探求/

音楽と他の芸術表現との接続/集団での音楽演奏を通じたグループの相互作用/具体作曲と創造的な活動/成果の発表としてのコミュニケーション

 

■プロフィール

Anla Courtis(アンラ・コーティス)

南米アルゼンチンの伝説的サイケデリック・エキスペリメンタル・バンド『Reynols(レイノルズ)』の中心人物。2004年に活動を休止したのち、大友良英、山本精一、湯浅湾、川端一・田畑満(Acid Mothers Temple)、川口雅己、秋山徹次などのミュージシャンや、世界各地の実験音楽家との共演も精力的に行なっている。

 

主催:九州大学芸術工学研究院 城・中村・長津 研究室・九州大学ソーシャルアートラボ

協力:suzueri

 

===関連イベント===

deterra(ANLA COURTIS w/ jyurin /S/T / とんちピクルス / 蟬)

2018/03/09(FRI)

IAF Shop* Fukuoka

福岡市中央区薬院3-7-19 2階

Open 19:00 / Start 20:00、チケット: 2000円(1ドリンク要)

http://www.deterra8.com/events/2018/ANLA-COURTIS

■音楽ワークショップ「即興演奏と具体作曲」

日時:2018年3月9日(金)

   13:00~17:00

場所:九州大学大橋キャンパス録音スタジオ

定員:30名(先着順)

参加費:無料

 

 

 

Eメールでも受け付けております。

件名:3月9日音楽ワークショップ参加申し込み

①お名前 ②メールアドレス ③ご所属 ④楽器持ち込みの有無

をご記載の上 social.art.lab@gmail.com までご連絡ください。

お申し込みはこちら

(Facebook)

チラシダウンロード

九州大学大学院芸術工学研究院 ソーシャルアートラボ事務局

815-8540 福岡市南区塩原4-9-1

092-553-4552

Copyright (C) 2017 Social Art Lab. All Rights Reserved.