公演報告

公演報告

来場者アンケート

博多織の機の音が、打楽器のようで心地よかった。伝統的な楽器、琴や笙、ガムランによく合っていた。

機音というと、規則的で少し冷たい印象を持っていました。が、冒頭でその音を聴き始めると、やはりそこにはある種のゆらぎのようなものがあって、しかも思っていた音とは違う“生き物”という感じがしました。

最初は織機の中に入っているような感覚になり、それから機のひとつひとつのさまざまな機構がそれぞれ生きているような、不思議な感覚になりました。

いつの間にか、音が美しい曲になっていて驚きました。織りの音が心音のようにも、時計の音のようにも感じられ、長い長い時間の積み重なりや流れのように思いました。歴史や伝統が日常の積み重なりの上にあることを考えさせられました。ダンスもとても美しく、謎めいていて興味深かったです。

2017年12月15日(金)、現代舞楽「織・曼荼羅〜博多織の機音による」(作曲・構成|藤枝守)が終了しました。2回の公演あわせて200名ちかいお客様にお越しいただきました。

織匠の宮嶋美紀さんの機音が円形ホールに響き、ペ・ヨンジンさんが銅鑼で作り出す呼吸に合わせて、笙や箏、ガムランの音色が厳かな空間を作り上げていきました。そして、織りの時間を可視化するように、二人の舞手、有泉汐織さんと杉本音音さんがシンプルな動作の反復で、美しい軌跡を描いてきました。天井に吊られた布には、ところどころ織機の機構が映し出され、音とあいまって瞑想的な時空間が現れました。

【主催】九州大学ソーシャルアートラボ 【共催】公益財団法人 福岡市文化芸術振興財団 【後援】福岡県、福岡市、日本アートマネジメント学会九州部会

【協力】九州産業大学芸術学部黒岩研究室、博多織デベロップメント・カレッジ 【助成】平成29年度 文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」

九州大学大学院芸術工学研究院 ソーシャルアートラボ事務局

815-8540 福岡市南区塩原4-9-1

092-553-4552

Copyright (C) 2017 Social Art Lab. All Rights Reserved.